Amazonプライムをリアモニターに出力

DIY

アルパイン「EX009V」のリアモニターでAmazonプライムビデオを見る方法

2021年2月27日

最近、ネット動画が充実してきて、車でもスマホの映像見たいなあ~てことは多くないですか?

Amazonプライムビデオを車で見れたらな~て思った今日この頃・・・

 

わが家も、車のナビでDVDを見ますが、新しいのを借りたり、買ったりするのは割と大変だと感じています。

でもね~ずっと同じのだと飽きますからね~。

 

それを解決したのが、今回の「車のナビにiPhoneを接続して、リアモニターでも見れるようにした方法」です。

外部入力経由でHDMIをつなぐ

外部入力経由でHDMIをつなぐ

 

これでAmazonプライムビデオをナビとリアモニターでも見れるようになりました。

もちろんYouTubeもOK!

Amazonプライムをリアモニターに出力

Amazonプライムビデオを車で楽しむ

 

スマホを接続すれば、いつでも好きな動画を車で見ることができるようになりました。

これで、子供も大喜び!

家族のお出かけも楽しくなりますね!

 

ナビによっては、配線さえ購入すれば、すぐにできるので、ぜひご参考ください。

iPhoneの画面をナビに映す(ミラーリング)には、「Lightning - Digital AVアダプタ」と「HDMI入力」があればOK

iPhoneの画面をナビに映す方法は実は簡単!

条件は、ナビに「HDMIの入力端子」があること。

iPhoneの「Lightning - Digital AVアダプタ」を購入すればナビに画面を映し出すことができます。

スマホの画面をHDMIアダプタでナビに移す

「Apple純正 Lightning - Digital AVアダプタ」を経由してHDMI入力に接続

スマホの画面をナビにミラーリング

画面は縦で余白がありますが、横にすればナビの画面いっぱいにワイドになります

 

iPhoneの画面をHDMI出力する、「Lightning - Digital AVアダプタ」は6,000円近くしますがApple純正をオススメします。

2,000円台の安いものもありますが、アップデートで使用できなくなったりと、不具合が多いからです。

僕もApple純正を購入して3年以上経過していますが、iPhoneが6からX、11と変わっても問題なく使用できています。

ただ・・・リアモニター「TMX-R3200」がHDMIに対応していないので、映らない

ただ、この状態だとリアモニターには何も映っていません。

前しか見れないので、後部座席の子どもがブーブーゆってきます。

 

原因は、リアモニターがHDMI出力に対応していないためです。

 

使用しているリアモニター「TMX-R3200」はアナログの映像端子でナビ本体とつながっているためHDMIから入力した映像は映せないんです。

TMX-R3200はHDMIに対応していない

アルパイン TMX-R3200S 取扱説明書ダウンロードページより

 

結論として、リアモニターにiPhoneの画面を映すには、

ポイント

  • 「HDMIからアナログ信号に変換」
  • 「ナビに外部入力で接続」

この2つが必要なことがわかりました。

リアモニターで見るのに必要なものは「Lightning - Digital AVアダプタ」と「HDMIをRCAに変換するアダプター」

リアモニターに外部入力を使ってiPhoneの画面を出力するのに必要なものは、下記のものです。

  • 「Lightning - Digital AVアダプタ」
  • HDMIケーブル
  • HDMIをRCAに変換するアダプター
  • RCAの配線

iPhoneの画面をリアモニターに出力するのに必要なもの

 

イメージ的には、下記のような配線状態にしています。

HDA-433-A

Amazon:HDA-433-A商品ページより

 

わが家の車のナビの設置状況(ご参考)

ご参考に、わが家の車のナビの状況です。

  • 車:平成26年 アルファード(タイプゴールド) 20系と言われるものです
  • ナビ:アルパイン「EX009V-AL-GO」 ビッグX アルファードタイプゴールド用
  • リアモニター:アルパイン「TMX-R3200」

 

アルパインEX009V(アルファード)に外部入力配線を接続する方法

ここから、ナビに外部入力を接続するため、内装パネルを外していきます。

EX009Vの取付け説明書を確認

まずは、アルパインの取付け説明書にもイラスト付きで分解方法がわかりやすく記載されていますので、ご参考ください。

アルファードの内装の外し方

アルパイン:トヨタ・アルファードタイプゴールド(H24/9-)EX009V 取扱説明曽ダウンロードページより

 

その他のEX009V系シリーズのナビの取付け説明書はアルパインのホームページで確認できます。

EX009V系の取扱説明書のページへ

 

アルパインEX009V(アルファード)の取り外す方法

ナビの上のパネルを外します。

軽くツメでかかってるだけなのですぐに外れると思います。

ナビ上の黒いパネルを外す

うちの車は最初からユルユルで、すぐに外れました

 

 

シフトノブをロックを押しながらドライブ辺りまで下げます。

シフトノブを外す。

シフトノブを外して、シフトを下げておく

シフトノブを外して、シフトレバーを下げておく

 

 

ポケットのフタを開けて、矢印の辺りを持ちながら上に引っ張る。

内装パネルを外す

固いですが、思い切って引っ張れば外せます

 

固いですが、ツメでひっかかてるだけなので、思い切ってガバッといけば外れます。

内装パネルを外した状態

パネルがでかい

 

シフトの照明用に配線コネクタが繋がってるので外します。

シフトレバーの照明用のコネクタがつながってるので外す

ちっちゃいですがコネクタのツメがあるので無理に引っ張らないように注意

 

次はエアコンの操作部を外すために、先にナビの固定ネジを外します。

ナビ本体はネジ4点で固定されています。

ナビの固定ネジを外す(反対側にあるので、合計4本)

ネジは絶対に落とさないように注意

 

ネジは落とすと取れなくなるので慎重な作業が必要です。

落とさないように、先端が磁石になっているドライバーを使うのがオススメです。

 

エアコンの操作部もツメで4点止まってるだけですので、ユサユサとゆすって、前に引っ張り出します。

エアコンの操作パネルを外す

写真は何も敷いてませんが、傷つき防止にタオルか毛布を引いた方がいいです

 

前にナビを引っ張り出します。

ナビを外した裏側

配線がいっぱい

 

 

外部入力への接続方法

このコネクタから伸びてるメスのソケット線がアナログ外部入力(RCA入力)です。

ここにつなげば、ナビの「外部入力」で映すことができます。

外部入力の線

これが探し求めてた外部入力の線

 

 

試しに接続。

RCAをナビに接続。

外部入力をつなぎ

外部入力の配線をつなぐ

 

HDMI変換アダプタ経由で、Lightning - Digital AVアダプタを使ってiPhoneと接続。

外部入力経由でHDMIをつなぐ

外部入力→変換アダプタ→HDMI→AVアダプタ→iPhone

 

おーっっ!!

映りました!炭治郎~(泣)

 

これはAmazonプライムで鬼滅の刃を出力した状態です。

Amazonプライムをリアモニターに出力

リアモニターにもAmazonプライムを出力できました

 

アナログ出力ですが、全く画質は気になりません。

アナログ映像でも全然キレイ

ナビ画面 アナログ映像でも全然キレイ

 

リアもキレイに映っています。

リアモニターに外部出力で映す

車のナビやリアモニターで全然キレイです。

 

後は、配線を整えます。

ナビの裏を通して配線を出します。

ナビの裏を通して配線を出す

配線は引っかからにように他の線に縛った方がいい

 

シフトノブの下にある小物入れポケットから出せば、穴開けは無しで、そのまま配線も出せます。

小物ポケットを外す

車でネット動画が見れるようになれば、お出かけも楽しくなって、時間も短縮

いや~車を購入して7年近く経ちますが、やっと念願が叶いました。

 

ネット動画を車で楽しめるようになると、DVDを借りに行く手間もなくなりますし、時間の短縮になりますね。

好きな映画やアニメをすぐに見れるのは本当に魅力的です。

 

子供も大喜び!

家族のお出かけも楽しくなりますね!

 

ぜひぜひお試しください~

-DIY

© 2021 わくわくもんだ