すざくゆめ広場の大型遊具

子連れ遊び場スポット 楽しい公園

梅小路公園が駅から近くなった。混雑時の「すざくゆめ広場」の様子はこんな感じ

投稿日:

先週、こども2人連れて梅小路公園に行ってきました。

 

新しい駅ができてアクセスが良くなったので歩いても簡単に行けるようになりました。

 

ちょうどお花見シーズンで混み合う時期でしたが、公園内の「すざくゆめ広場」で楽しく遊ぶことができました。

梅小路公園は、その他にも京都鉄道博物館、京都水族館など楽しい施設が満載です。

 

今回は僕が3歳と4歳の息子2人連れての電車移動。

電車を使っていこうかなって方の参考になれば幸いです。

「近鉄京都駅」から「JR梅小路京都西駅」へ

僕達は近鉄を使って京都駅まで来ました。

 

思いつきできたのでお弁当とかありません。

お金もありません(笑)

 

梅小路公園のカフェは高くつくかな~?ということで事前にコンビニでお弁当を買っていきました。

京都駅のコンビニで弁当を買う

(本当は・・・混み合うシーズンはカフェやレストランで待つのも大変。

あんまりお腹を空かすと子供もぐグズるのでサクっと食べられるように考えています。)

 

JRの改札口へ

JR京都駅の改札口

 

「京都駅」から「梅小路京都西駅」はたったの一駅。

嵯峨野線に乗ります。

 

嵯峨野線は亀岡につながってるので「保津川下り」に行く方も多く、混み合っていました。

(ちなみに帰りは、京都駅が終点なのでさらに混みます。)

京都駅から梅小路公園へ

JRおでかけネットより:路線図

梅小路京都西駅に行くときは右側に乗るとプラレールのてっちゃんが見える

電車に乗って、右側を眺めていると梅小路公園の芝生広場が見えてきます。

ここにプラレールでおなじみの「てっちゃん」がいる駅が見えます。

タカラトミー てっちゃん

てっちゃんのイメージ:タカラトミーより

そんなに大したものではないですが、プラレール好きなキッズたちはテンションあがること間違いなしです。

(急なことだったので写真はないのと展示期間などは不明です m(__)m)

 

ちなみに左側を見ると五重の塔が見えます。

混み合う時期は見たい方を確認して電車に乗りましょう。

梅小路京都西駅は京都鉄道博物館の目の前

一駅なのであっという間に到着。

改札の目の前に京都鉄道博物館が

 

改札を出て・・・

駅を降りると京都鉄道博物館の目の前です。

駅を下りると目の前に京都鉄道博物館

 

京都鉄道博物館にも行きたいとこですが、今回は「電車に乗って、でかい公園に行く」というのが目的だったので我慢します。

 

2019年3月にできたばかりなので駅もピカピカです。

JR 梅小路京都西駅

梅小路公園内の「すざくゆめ広場」も駅のすぐ近く

今回の目的地「すざくゆめ広場」も駅から降りてすぐです。

梅小路公園は電車で近くなった

 

 

他の施設案内付きのPDF版の公園マップはこちら 梅小路公園HPより

 

「すざくゆめ広場」の遊具と混み具合

公園に到着。

日よけつきの休憩スペースは人がいっぱいです。

日陰のある休憩スペースが混雑してる

 

子供たちは遊具に一目散に向かいます。

 

見た目はちょっとクネクネしてるだけですが、割りとスピードが出るので腰をフリフリする感じが楽しいらしい滑り台。

すざくゆめ広場の大型遊具

 

大人気のローラー滑り台。

ローラー滑り台

 

列ができています。

三方向から並んでるので、こどもがうまく順番に並べるように最初は見ておいた方がいいです。

並んでても集まってくるんで、やっぱり楽しいんですね。

ローラー滑り台が混雑してる

 

ダブル滑り台。

兄弟2人で並んで滑って楽しそうでした。

すざくゆめ広場公園の遊具

 

簡単な壁登りもあります。

壁登り

 

ロープのアスレチック。

公園で遊んでる子は幼児が多いので、こちらの遊具は比較的空いていました。

ロープアスレチック

 

全体的に幼児向けの遊具となっています。

 

混んでいるのと、幼児向けにコンパクトな作りになってるので親が一緒についていくのは大変です。

遊具の外から見守って遊ばすスタイルになります。

 

梅小路公園でお昼ごはん

日よけつきの休憩スペースはいっぱいなので木陰にレジャーシートをひいてお昼ご飯。

まあ、春ならここでも十分です。

レジャーシートをしいてお弁当

 

ちなみに公園横にはカフェレストランもあります。

こちらもお昼時でいっぱいです。

梅小路公園のレストラン

 

レストランのメニュー

レストランの食事のメニュー

 

いつも車なんで「ハッ」と驚きましたが、電車で来るメリットは「ビールを飲める」ということに気づきました。

ゆっくり飲めないのでやめときました(笑)が、次回は・・・

レストランのドリンクメニュー

チンチン電車

片道150円、往復300円で水族館の方までチンチン電車が走っています。

移動のためというよりも、路面電車を体感するという感じです。

チンチン電車乗り場

 

子供にせがまれて結局乗ることに。

チンチン電車

芝生広場の方は水遊び場も

今回は行ってないですが、芝生広場の方には水遊び場もあります。

水遊びをする子供たち

お花見も楽しめる

この時はちょうど4月のあたま。

お花見客でたくさんの人でした。

お花見客で混雑

会社の集まりや、大学のサークル?は広い芝生広場に。

 

カップルや家族連れは、線路側の通路の方にいました。

梅小路京都西駅のおかげで梅小路公園が気軽に行けるように

梅小路京都西駅があるおかげで電車でのアクセスがめちゃくちゃ楽になりました。

駅が近くて便利になった

 

梅小路公園には、今回の「すざくゆめ広場」以外にも芝生広場、京都鉄道博物館、京都水族館。

年齢やこどもの好みによって楽しめるとこがたくさんあります。

 

新幹線も見えますし、京都駅に戻れば京都タワーも。

子供が楽しめる魅力が満載です。

 

これが、車だけでなく電車でもサクっと行けるようになったのは嬉しいですね。

 

何度も行きたい好きな公場所です。

次回は、お弁当もってピクニックがてらに芝生広場、水族館の方にも行ってみたいと思います。

あとビールと。

 

京都近郊の子供連れの方はぜひ梅小路公園、遊びに行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

-子連れ遊び場スポット, 楽しい公園

Copyright© わくわくもんだ , 2019 All Rights Reserved.