紙がある状態でネジを差し込む

DIY

引き戸が固い!動かない!戸車交換をDIYで超かる~くなりました。

「パパちょっと見てくれへん?」

「めっちゃ固ない?」

と、嫁さんに言われたのはリビングのドアの引き戸。

確かに固い。

ゴゴゴゴって鉄のドアを開けてる感じ。

 

うちのドアは子供がバンバン閉めたり、ベビーゲートがガンガンぶつかったりしてました。

前から閉まりが悪くはなってきてたんですね。

結果的に、ドアの調整では直らず、戸車と言われるドアの車輪を交換することになりました。

ざっくりポイントは

  • ドアの戸車は壊れることもある
  • 交換はDIYなら1,600円から
  • 作業は5分かからないドライバー一本でできる簡単な作業
  • 交換したら超かるくなる

って感じです。

業者さんに頼んだら作業費だけでも5,000円~12,000円ぐらいでしょうか?

プラス部品代もかかるはずなんで、超お得。

 

自分で交換できれば嫁や子供たちからも「パパすげ~なんでもできるな~」って大喜びです。

やってみれば簡単な作業なんでぜひやってみてください。

戸車とは?

ドアがスムーズに動くようについてる車輪のことです。

うちの引き戸の場合は、この部分ですね。

ちなみにメーカーはパナソニックです。

一回外して、掃除してみる

とりあえず引き戸を外してみました。

結構重いので気をつけてください。

ネジで止めてあるので、プラスドライバーでゆるめて引っ張ります。

髪の毛とか異物のつまりがあれば掃除してみる

髪の毛がつまりまくっています。

車輪もボロボロ(笑)

 

車輪が全然動かないので引き戸が固いのは戸車が原因なのは間違いなさそうです。

 

マイナスドライバーや、カッターナイフで車輪の間のゴミをとってみましたが・・・

全然車輪が固いままだったので諦めました。

 

車輪も明らかにボロボロなので交換することにしました。

(単純にゴミがつまってるだけならこれでも直るかもしれないですね。)

動かないなら交換する必要あり

掃除とかしてみても、スムーズに車輪が回らない、ゴミは取り切れない、そんな場合は諦めて戸車の交換が必要です。

戸車の型番の調べ方

戸車は形やレールの形状から判別できるようになっています。

引き戸 交換用戸車の選び方

パナソニックHPより

 

うちの家は、一番右の半円形でした。

後は、色が4種類あるので引き戸の色に合わせて選びます。

引き戸の色の調べ方について

引き戸の色は、ドア横にラベルが貼ってあるので、そこから確認できます。

MJ1Z7RUZ

 

この場合、最後のUZが色の識別になっていて、UZ=エクセルダークになります。

引き戸のシールがない場合

引き戸のシールがなくなっちゃてる場合は、ドアを外してしまえば、下に書いてあります。

ドアを外す場合は、重たいので2人作業の方が安全です。

引き戸の色の型番の調べ方

 

ドアの色が分かれば、4種類の戸車から合う物を選ぶだけです。

対応したカラーはAmazonで販売されてる商品画像から確認できますので、一個ずつ見ていきましょう。

MJB907K 内装引戸用Y戸車 ダークブラウンの場合

引き戸の色が

  • UZ:エクセルダーク
  • CZ:エクセルブラウン
  • MZ:エクセルミディアム

なら、戸車はダークブラウン「MJB907K」です。

引き戸のドアの色の対応

Amazonより

MJB907N 内装引戸用Y戸車 ライトブラウンの場合

引き戸の色が、

  • SZ:エクセルナチュラル
  • NZ:エクセルライト

なら戸車はライトブラウン「MJB907N」です。

引き戸のドア色と戸車の対応

Amazonより

MJB907W 内装引戸用Y戸車 ホワイトの場合

引き戸の色が、

  • GZ:エクセルホワイト
  • WZ:エクセルピュアホワイト

なら戸車はホワイト「MJB907W」です。

白い引き戸の戸車

Amazonより

(その他)MJB907NK 内装引戸用Y戸車 ダークブラウン(ベリティス柄)の場合

引き戸の色が、ベリティス柄なら戸車はダークブラウン(ベリティス)「MJB907NK」です。

ベリティス柄の色見本みたいのが見当たらなかったので、ドアの色型番に一致しない場合は、パナソニックに問い合わせて確認にしてください。

ダークブラウンの「N」と「NK」に注意

家の戸車と商品画像を比べると、「ベリティス柄のダークブラウンNKに近いような~」と感じました。

Amazonのサイトでもよーく見ないと、どちらもダークブラウンと書いてますので「N」と「NK」で型番を間違えないようにしましょう。

実物より商品画像の方が暗い感じでかなり迷いましたが、えいや~で頼んだ結果、色の型番を参考に注文すれば間違いなかったです。

戸車を外した状態

戸車の交換作業

交換方法は取扱い説明書に書いてありますので、見ながら行えば素人でも全然できます。

部品の交換方法

戸車の交換方法

パナソニックHPより

 

まずは、戸車を外します。

ドアを外さなくても、戸車を取り出すことはできます。

 

ドアにダンボールを挟んで、少しだけ浮かします。

(全体的に汚くて恥ずかしい・・・)

ドアにダンボールを挟む

 

一番上のネジを外します。

このネジを外す

 

ネジを取っただけでは戸車を引っ張りだすことはできません。

 

引っ張るために、ネジ穴に紙(治具)差し込みます。(もう戸車が外れちゃってますが、ドアについた状態でイメージしてください)

紙を挟む

 

紙を差し込んだ状態でネジを何周か回します。

そうすると、ネジが紙にからまって、奥まで行かず、ネジを取っ手にして引っ張りだすことができるようになります。

紙がある状態でネジを差し込む

 

これで戸車を外すことができました。

 

古い戸車と新しい戸車を比較。

そら~固くなるわって感じのボロボロ具合です。

古い戸車と新品の比較

 

後は逆の手順で新しい戸車を取付ければ作業完了です。

基本的に調整はほとんどいらないと思いますが、左右、上下に微調整することができます。

ドアへの十分な引っ掛かりがあるか、擦れなどがないか確認だけしてきましょう。

まとめ

やってみると結構簡単な作業です。

 

一番の注意点は間違った商品を頼まないこと。

 

同じ部品をちゃんと用意できれば交換作業は「ドライバー」と「ダンボール」だけあれば可能です。

2人いれば安全ですが、1人でも交換できます。

 

実際に御者さんに頼むとどれぐらいかかるかわかりませんが、最低でも手間賃(5,000円~)+部品代(2個入り3,100円)で、約1万ぐらいはかかるかな~と思います。

自分でやれば、2個入りでAmazonで3,154円でしたので、格安ですね。

 

電気や水道系の作業は技術のあるプロにお願いした方がいい派ですが、今回の戸車交換はDIYでも対応可能かと思います。

も~し、ドアが固いな~戸車はおかしいのかな~という方は是非ご参考ください。

-DIY

© 2020 わくわくもんだ