幼児用の自転車には普通の空気入れは入らない

子育て

幼児用自転車の12インチタイヤに空気を入れる方法

投稿日:2017年12月12日 更新日:

こんにちは。アラタロウです。

タイトルそのままですが、幼児用の自転車に空気を入れる方法のご紹介です。

幼児用自転車 トーマス12インチ

通常の空気入れでは基本的には無理なんです。

小さい自転車には「幼児車用バルブアダプター」というのが必要でした。

息子の自転車に空気入れが入らない

息子の自転車。

親戚からのおさがりで、おさがる前から含めると、4~5年使用していたので気づいたらタイヤがペコペコになっていました。

「よし、空気入れてあげるわ!」と息子に伝えたものの、空気入れの先っちょがホイールに当たって空気を入れることができなかったのです。

幼児用の自転車には普通の空気入れは入らない

絶対に入れるための「何か」があるやろうと調べたら、アマゾンで見つけました。

「幼児車用バルブアダプター」

ブリジストンなどからも出ていましたが、そう何度も使用するものでもないので安い方のキャプテンスタッグのものを購入。

幼児車用バルブアダプター キャプテンスタッグ 幼児車用バルブアダプター キャプテンスタッグ (2)

まずは、こちらの幼児車用バルブアダプターを空気入れに装着。

幼児用空気入れアダプターを装着

「あっ!このままだとL字の部分を回転させるスペースがない!?」

と思いましたが、先っちょのネジの部分だけクルクル回るようになっているので、先っちょさえ入れば締め込んでいけます。

幼児用空気入れアダプターは回転する

締め込んだ後も、L字の曲がった先だけ動くので空気入れの差しやすい場所に回すことができます。

わかりずらいですが、少し右側に回転させてつないでいるのがわかるでしょうか?

用空気入れアダプターに空気入れを接続

反対から見るとこんな感じです。

幼児用空気入れアダプターに空気れを装着して反対から見たところ

後は通常通りにシュコシュコと空気を入れていくだけです。

空気がほどよくパンパンになったのでゴムキャップを取付けて完了です。

12インチタイヤの空気を入れるところ

 

後輪も同様に装着します。

フレームがあって少しつけにくかったです。

幼児用自転車の後輪に空気を入れる

空気を入れを装着して、シュコシュコやって完成です。

幼児用アダプターを使って空気を入れる

子供が「やらせてー」と来ましたが、子供(3歳)の力でシュコシュコしても入らないんですね。

最終は大人がしっかりと空気を入れてタイヤの張り具合をチェックして自転車に乗らせてあげましょう!(^^)!

自転車屋に持っていくのが手間なら購入した方が時短になる

自転車の空気入れは自転車屋さんで無料でしていただけるところはたくさんあります。

ですが、「空気を入れないと」と気づくのは空気がなくなるかパンクした後です。

これで運ぶのは歩いて押していくか、車に乗せて運ぶかですね。

どちらも大変。

「幼児車用バルブアダプター」さえあれば、空気入れ以外には特殊な工具も技能も必要ありません。

購入時の価格は432円(税込・送料込み)。

幼児車用バルブアダプター キャプテンスタッグ

歩いて行ける距離に自転車屋さんが無い場合は、購入して自分でした方が時短になりますね。

1つ持っておけば親戚・ご近所さんとも共有できますし、再び空気が抜けた時もすぐに入れることができます。

すごく簡単なものですので、同じような「あれ?この自転車タイヤが小さすぎて空気入れられない!」という方はぜひお試しください!(^^)!

-子育て

Copyright© わくわくもんだ , 2019 All Rights Reserved.