ローラー滑り台

子連れ遊び場スポット 楽しい公園

【福井県】「きのこの森」安くて楽しい公園!高さ30mからのローラー滑り台

投稿日:2018年9月11日 更新日:

0歳、3歳、4歳、6歳の4人の子連れパパです。

今回は関西一でかいじゃないかと思うぐらい「巨大なローラー滑り台」がある福井県の「きのこの森」に行ってきました。

子供を連れておでかけや、旅行に行く時って子供たちが楽しんでくれそうなスポットを探しますよね。

特に今まで体験したことのないような場所。

できればリーズナブルな価格で(笑)

今回行ってきた「きのこの森」には高さ30mのタワーからグルグルすべり落ちるローラー滑り台という未体験の遊び場がありました。

巨大なローラー滑り台を初め、そり滑り、おもしろ自転車など、たくさんの遊具で遊べる「きのこの森」。

下手な遊園地に行くよりも、めちゃくちゃ楽しめますし、子供も自分の身体を使って元気いっぱい遊べます。

福井県方面での子供の遊び場スポット探しにおすすめですのでぜひご参考ください。

きのこの森の場所

場所は京都・大阪方面からだと京都縦貫道から舞鶴若狭道を経由して、「大飯高浜IC」を下りて5分ほどです。

時間的には1時間半ぐらいでしょうか?

福井に海や観光で遊びに行った際に立ち寄るのにもオススメです。

きのこの森の駐車場

駐車場は公式サイトには200台と掲載されています。

無料で広いので、車も止めやすいです。

きのこの森の入り口

きのこの森の駐車場

入場料は必要です

入口に向かって坂を上がります。

駐車場からは少し距離があるので遊び道具やレジャーシートなど忘れないようにしましょう。

入場ゲート前

入場料は子供100円の大人200円です。

子供は3歳以上から有料です。

清掃協力金という名目ですが、これだけの設備、駐車場も無料ですのでリーズナブルな金額設定だと思います。

きのこの森の料金

ゲートをくぐると芝生がいっぱいの遊び場が広がっています。

きのこの森のゲート入ったとこ

きのこ森の園内マップ

下のマップのようにたくさんの遊び場があります。

場内は広いので小さなお子さんは迷子にならないよう注意が必要です。

きのこの森の園内マップ

きのこの森の園内マップ:きのこの森のHPより

高さ30mからの長ーいローラー滑り台「ビックスライダー」

きのこの森の一番の見どころでもある「きのこタワー」から滑るビッグスライダー。

これを体験しないと来た意味がないというぐらいオススメです。

一応、専用の敷物を100円でレンタルしないといけませんので有料です。

このタワーはエレベーターになっています。

きのこの森のタワー

エレベーターにのって高さ30mまできました。

キノコタワーに上ったところ

きのこタワーの上からこれから滑るローラースライダーが見えます。

グルグル巻きまくってて絶対楽しいです。

きのこタワーから見たローラー滑り台

ぐるぐるローラー滑り台

ちなみに青と黄色の2つのコースがあります。

まずは、さきほどの写真の青コースに。

 

いっきに下まで滑る訳ではなく途中でいったん止まります。

ローラー滑り台の途中

もう回りすぎです。

めっちゃくちゃ楽しいです。

 

ローラー滑り台もしっかり滑るので結構スピードでます。

前や後ろと激突注意です。

 

もう一度登って、次は黄色コースに。

滑り台の順番待ち

ローラースライダー

滑ってみたところ

子供が設計したんかってぐらいグルグル回ります。

ローラー滑り台

 

長い滑り台

もし、途中で子供が怖がった場合も、黄色から赤色に変わる中間ポイントでおりることもできます。

下から見た滑り台

小学生ぐらいだと一人でガンガン滑りまくりです。

小さい子はさすがに距離も長く、途中で何かあると大変なので、保護者や高学年以上の兄弟がつきそいながら遊んだほうがいいと思います。

ちびっこゲレンデでソリ滑り

こちらも有料ですが、他にはない遊び場です。

この水色のところがナイロンのブラシのような人工芝になっていて、ここをソリで高速で滑ります。

3歳以上じゃないと遊べませんので、小さい子はできません。

そり滑り

100円でソリと保護具(プロテクターとヘルメット)を借ります。

そり遊びは有料

けっこうスピードが出ますので、周りの子に対してお互いに十分注意しましょう。

そり遊びの案内

上までは自力で上がります。

そりは自分で上までのぼる

上からの眺め。

大人が悪ふざけをしたくなるぐらい、めっちゃ滑りそうですが、中学生までしか遊ぶことはできません。

そり滑りを上から見たところ

おもしろ自転車乗り場

こちらは無料です。

ちょっと変わった自転車?3輪車?に乗れます。

おもしろ自転車

こんな感じの、幼稚園に置いてそうな3輪車もあるので小さい子でも楽しめます。

面白自転車 (2)

自転車の数はそんなに多いないので、譲り合いながら遊ぶ必要があります。

順番待ちからの取り合いになるので、うまーく喧嘩にならないよう自転車を確保してあげましょう。

面白自転車

トロッコ広場

新幹線みたいな乗り物を線路の上を走ります。

電車の乗り物

実はこれ人力でハンドルを前に後ろに押すことで動きます。

子供だけでは、全然進まないので大人が一人は乗ってあげましょう。

電車は自分で動かす

めちゃくちゃ疲れます。

が、綱引きのように「せーの!せーの!」とこどもは大喜びです。

簡単なアスレチックがある遊具施設

波打った橋や階段があるぐらいですので小さいお子さんでも楽しめるアスレチックです。

かくれんぼや、追いかけっこをすると楽しいです。

アスレチック施設

きのこタワーから見たところ

たくさんの遊具がある

チームラボの体験施設も

今回は行けませんでしたが、映像・CGで楽しむ空間を作るチームラボさんの映像体験施設もあります。

お絵かきタウン。絶対楽しい!

疲れた時や、もしもの雨の時も楽しむ場所があります。

お絵かきタウン チームラボ

チームラボの映像体験施設:きのこの森施設案内より

食事をするところも

なかには入っていいませんが、ご飯を食べるところもあります。

公式サイトでも「準備中です」とメニューが見れませんが、おそらくきのこを使ったメニューになってると思います。

きのこ亭

顔ハメ撮影スポットもあります

個人的に大好きな顔ハメパネル。

ゲート入口近くにありますので、記念撮影にぜひ。

顔はめパネル

イベントも結構やってるのえ公式ブログもチェック

きのこの森のスタッフブログ、「きのこちゃん日記」。

こちらでイベント情報を掲載されています。

なんと、8月にはビックスライダーを夜間に滑るナイトスライダーやお化け屋敷なんかもやってたそうです。

きのこちゃん日記 ナイトスライダー

サマーナイトフェスティバルの案内:きのこちゃん日記より

絶対楽しい。

秋には大迷路。

さて、冬はなにが開催されるのでしょうか?

きのこの森の開園時間などの概要

営業時間 9時~17時

(入園は閉園の30分前まで)

(ペット入場不可)

休園日 毎週月曜(月曜祝日の場合は火曜)

(夏休み期間中は無休)

(年末年始)

駐車場 200台(バス・普通車合わせて)
住所 〒919-2123 福井県大飯郡おおい町鹿野42-27
お問合せ きのこの森:0770-78-1713

HP:きのこの森

清掃協力金(入園料) おとな 200円
子供(中学生以下) 100円

リーズナブルな金額で体もいっぱい動かせるから子連れファミリーにおすすめ

入園料や、ビックスライダーのレンタル、ソリといちおう有料ですが、それでも1,000円前後で十分足ります。

これだけ、他にはない広大な敷地で、他にはないビッグスライダーを楽しめるなら全然安いぐらいです。

様々な遊具があるので、どんな子にもマッチする遊びがあるはずです。

今回は行けませんでしたが、チームラボさんの体験施設などもあるので、本当一日で遊びつくせないぐらいです。

少し走れば、福井のきれいな海。

舞鶴の市場などあるので、プチ旅行がてらにぜひぜひおすすめでーす。

-子連れ遊び場スポット, 楽しい公園

Copyright© わくわくもんだ , 2019 All Rights Reserved.