ヤバイTシャツ屋さんのライブ

音楽

京都MUSE(ミューズ)にヤバイTシャツ屋さんのライブに行ってきました

投稿日:2018年3月8日 更新日:

こんにちはアラタロウです。

2月の話ですが、ヤバイTシャツ屋さんのライブを見に京都MUSEに行ってきました。

はじめて京都MUSEに行く方や、ヤバイTシャツ屋さんのライブに行かれる方のご参考になれば幸いです。

 

「ヤバイTシャツ屋さん」とは何ぞや?という方は下記のオフィシャルホームページもご参考下さい。

京都MUSEのホームページはこちらから

京都MUSE(ミューズ)の場所

京都MUSE(ミューズ)は京都の四条通の真ん中ぐらいにあります。

位置関係でいうと下の画像のような感じです。

京都MUSEのアクセス経路のページはこちら

位置的には、地下鉄の四条烏丸駅からが一番近くになります。

その他には、阪急河原町駅や京阪四祇園四条からも歩いて行けます。

最寄りの路線があるかと思いますが、初めて京都に来られる方とかは京阪の祇園四条がオススメです。

駅から出たところが、ちょうど鴨川になっていますので、「京都にキター!」という感じを味わえます。

オレンジで囲ってる部分が四条のお買い物スポットが集まっている場所ですので、祇園四条からだと、ちょうどお買い物スポットが通り道になります。

祇園四条駅

肝心の鴨川の写真はないですが、5月~9月は川床や、その他の季節もカップルが等間隔で並ぶ珍しい風景が見れます。

祇園四条から四条通を西に歩いていくと、京都タカシマヤや、京都マルイ河原町オーパなどのデパート街を通ります。

もう少し西に行くと、京極通りや、寺町通りなどのお買い物スポットがありますので、ライブまでに遊ぶ時間がある方はこの辺をブラつくのもオススメです。

四条通 鴨川から

四条通り

そのまま、しばーらく歩くと京都MUSEがあります。

入口前はこんな感じ。

LIVEのある日は、出演バンドのTシャツを着た人がいますので、すぐわかると思います。

京都ミューズの入口

ライブの前にクロークに荷物を預けられる(有料)

いよいよLIVEの入場待ちですが、荷物を預けることができます。

この日も、外は極寒でしたが、中はライブの熱気で熱くなることは必至だったので、事前に荷物を預けました。

クロークと呼ばれるシステムで500円で荷物にビニールに詰めて預けます。

ヤバイTシャツ屋さんのライブ

ライブが終わるまでは、基本的には取り出せないので、入場時に必要なドリンク代(600円)やグッズ代、タオルなどは自分で持っていきましょう。

後ろの方でゆっくり見ようという方は、もちろん預けなくても大丈夫ですので、自分のライブ観戦スタイルに合わせて預けるか決めて下さい。

荷物を預ける袋

荷物を預ける袋(クローク)

ちなみに地下鉄の四条の駅にもロッカーがありますので、そこで預けてきても大丈夫です。

若いライブキッズはバンドTシャツの先頭モードで四条の駅から歩いてくるのをよく見かけます。

僕は寒いのが辛いので、ギリギリのタイミングでクロークに預けることが多いです(笑)

ライブの入場は整理番号順

入場はチケットの整理番号順です。

チケットの整理番号がどうやって決まっているかはわかりませんが、先行のチケット販売の人の方が先に呼ばれてると思います。

ですので、「前の方に行きたい!」という方は先行から申し込む必要がありますね。

ライブ会場の中

京都MUSEは階段を上がって行った3階にホールがあります。

京都ミューズの客席イメージ

京都ミューズの客席イメージ

京都ミューズHPより:ホール全体図(http://muse-live.com/kyoto/about.html

ざっくりですが、番号の解説です。

①は客席の中心になるところです。

前に行けば行くほどよく見えます。

ですがバンドによっては、モッシュやダイブ(いちを禁止はされてるが、だいたいある)、サークルもあるので、いちおう初めての人はそれなりの覚悟が必要です(笑)

ライブの醍醐味ですし、少しでも前の方に行ってこそ「キター!」って感じがあるので、行けるならぜったい行っとけーです!

ヤバイTシャツ屋さんのライブ

①の雰囲気

②は少し後ろで、一段高くなっているので、ゆっくり見たい人はこの辺りでもOKです。

ちょっと遠いかなーって感じもしますが。

京都ミューズの客席

②の雰囲気

③の「ソファー席」という部分ですが、ソファーは通常ありません。

ベンチみたいに座れるような場所になっています。

このベンチの上に立ってみると、ほどよくステージにも近く、全体が見れるので、初めての方や、全体をしっかり見たい方にはいい場所です。

4~5人分ぐらいのスペースなので、早めに入れて空いてたら・・・という感じの場所ですがオススメです。

ベンチの席のイメージ

③の雰囲気

④は物販のスペースです。

アーティストのグッズが買えます。

ヤバTなどの人気がるバンドは、グッズが売り切れることが多いです。

いいなーと思ってるやつに限って売り切れてることは、しょっちゅうです。

ライブの日の、15~16時ぐらいに事前の物販を行っていることもあるので、余裕をもってライブに来れる場合は事前の購入が無難です。

事前の物販はツイッターなどで情報が出てるので、こちらもチェックが必要ですね。

セットチェンジの時にトイレに行くとアーティストに会えるかも

バンドが2つ出てる時なんかは、後に出るバンドは2階席から見ていることが多いです。

そして、一つ目のバンドが終わって、セットチャンジする時に、2階席から降りてくるのに、会場の外の階段を使って下りていきます。

この時に、アーティストに出くわすことがあります。

1つ目のバンドが終わって、トイレに行こうーってタイミングで急に遭遇することがあるので、気持ちの準備をして「いつも応援してますっ」とか声をかけれるようにしておきましょう。

ちなみにこの日もコヤマさんが横をスっと通りましたが全く声をかけられませんでした・・・(笑)

ヤバTのライブは最高!MCもバリ面白い!

これは行った人にしか、なかなか体験できないことですが、ライブめちゃめちゃいいです。

曲はしっかり聞いて、一緒に歌う方が絶対に楽しいので予習・復習は必須ですね♪

そしてMCが面白い。

これは、CD特典のDVDや、ライブの映像を見てもらうと雰囲気は伝わると思いますので、ぜひぜひご覧下さい。

ライブDVDもいいですが、CD特典の「クソDVD」と呼ばれてる、ただただメンバーがブラブラする方が個人的にはオススメです。

コヤマさんとシバタのモリモトいじりが半端ないです(笑)

まだ初回盤はなんとか買えるのかな?

NHKとのタイアップやらますます勢いにのるヤバT。

よくわからん歌を唄ってるバンドと誤解されがちですが、多彩な音楽性と、3人のプレイはマジ本物です。

こんなに真剣に音楽に取り組んでるからこその、ヤバTなりの伝わる方法を模索しての今があるんじゃないかと思います。

ライブ終わりは一風堂がおすすめ

ライブの終わった後は、京都大丸の裏にある「一風堂」がオススメです。

僕は赤丸派です。

一風堂のラーメン

いや、個人的に好きなだけですが(笑)

そのまま地下鉄の四条烏丸帰るもよし。

鴨川方面に戻って先斗町等に行くもよし。

京都MUSEとヤバTのことが少しでも伝わりましたら幸いですー。

-音楽

Copyright© わくわくもんだ , 2019 All Rights Reserved.